風俗営業許可の要件解説。

風俗営業許可における場所的要件(風俗営業許可の受けられる地域)

 
営業のできる用途地域 営業のできない用途地域
商業地域 第一種・二種低層住居専用地域
近隣商業地域 第一種・二種中高層住居専用地域
準工業地域 第一種・二種住居地域
工業地域 準住居地域
工業専用地域
無指定地域

風俗営業許可における保全対象施設

 さらに、次の保全対象施設の敷地から100m、商業地域においては50m以上(大阪府の場合)離れていることにある場所でなければ許可されません。

小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、大学、高等専門学校、盲学校、聾学校、養護学校及び幼稚園 ・助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設及び児童家庭支援センター、病院(第1種助産施設を含む)、診療所(患者を入院させる施設を有するものに限る)

風俗営業許可における構造的要件

1号
  • 客室の床面積は、和風の客室に係るものにあっては1室の床面積を9.5平方メートル以上とし、その他のものにあっては16.5平方メートル以上とすること。ただし客室が1室のみである場合は、この限りではない。
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(高さ1m以上の仕切り、つい立カーテン、背の高い椅子)等を設けないこと
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。照度を自動調節、特に5ルクス以下に出来るスイッチは、設置できない。
  • 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。しかし音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません。
2号
  • 客室の床面積は、1室5平方メートル以上 (客に遊興をさせる様態の営業にあっては33平方メートル以上)であること
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備(高さ1m以上の仕切り、つい立カーテン、背の高い椅子)等を設けないこと
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が5ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。照度を自動調節、特に5ルクス以下に出来るスイッチは、設置できない。
  • 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。しかし音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません。
  • ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
3号
  • 客室の内部が外部から容易に見通すことが出来ないものであること
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。照度を自動調節、特に10ルクス以下に出来るスイッチは、設置できない。
  • 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。しかし音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません。
  • ダンスの用に供するための構造又は設備を有しないこと。
  • 長イス等を設けないこと。

4号

  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
  • 善良の風俗等を害するおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと。
  • 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと。
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。照度を自動調節、特に10ルクス以下に出来るスイッチは、設置できない。
  • 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。しかし音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません。
  • パチンコ屋及びスロットマシン、アレンジボール、じゃん球の営業にあたっては、当該営業の用に供する遊技機以外の遊技設備を設けないこと
  • パチンコ屋及び遊技の結果に応じて客に賞品を提供して遊技をさせる営業の場合は、営業所内の見やすい場所に賞品を提供する設備を設けること。
5号
  • 客室の内部に見通しを妨げる設備を設けないこと。
  • 善良の風俗等を害し、又は少年の健全な育成に障害をおよぼすおそれのある写真、広告物、装飾等の設備を設けないこと
  • 客室の出入口(営業所外に直接通ずるものを除く)に施錠の設備を設けないこと
  • 営業所内の照度が10ルクス以下とならないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。照度を自動調節、特に10ルクス以下に出来るスイッチは、設置できない。
  • 騒音又は振動の数値が条例で定める数値に満たないように維持されるため必要な構造又は設備を有すること。しかし音響設備を設けないため特に騒音が発しない場合や、建物の壁が厚いこと、営業所の境界地まで相当な距離があること等により外部に音が漏れない場合は、義務付けられていません。
  • 遊技料金として紙幣を挿入することができる装置を有する遊技設備又は客に現金若しくは有価証券を提供するための装置を有する遊技設備を設けてはならないこと。

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

風俗営業許可申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ