質屋営業許可取得を代行します。 質屋営業許可取得を代行します。

  こんな方は今すぐお問い合わせください。

風営法など規則、法令を理解できるか不安!

本業をしながらの書類の収集・作成は大変!

警察署などの専門用語でのやり取りは苦手!

  経験豊富な専門行政書士が不安を解消します!!

質屋営業の許可申請

質屋営業許可とは?

 物品を質に取って流出期限までに当該質物で担保される債権の返済を受けない場合には、その質物をもって弁済に当てる約款を附して、金銭を貸し付ける営業をいいます。 質屋営業を行う場合には公安委員会の許可が必要になります(実際に申請するのは所轄警察署の生活安全課)。

 質屋営業許可は古物商許可と違い、営業所ごとに許可が必要であること、質物保管設備の詳細な図面、添付資料を求められることです。測量士補有資格者である勝山兼年行政書士事務所 では質物保管設備の建築の段階から係り、許可取得によどみなく取り組ませて頂きます。ご依頼者は所轄警察署まで足を運ぶ必要はありません。


 また、勝山兼年行政書士事務所では多数の事案について実績があり、新築物件はもちろんのこと、金庫だの場合や、築40年以上の古い質物保管設備での許可取得について対応できます。

質屋営業許可実例

  • 新規に質屋を始めたい。・・・質物保管設備の設計段階からご指示させていただきます
  • 個人の許可を法人の許可に名義を変えたい。・・・新規に許可が必要です。質物保管庫の検査もありますので、詳細な図面を作成します。
  • 古物商許可で買い取りショップを経営しているが、業務の幅を広げたい。・・・扱い品目を絞れば、金庫の設置のみでも許可は可能です。

・・・こんな事業者のかたは、ぜひご相談下さい。

経験豊富な専門家が丁寧にご説明させていただきます。
質屋営業許可取得サポート内容
  • 添付書類の収集、届出書・図面等を作成します。
  • 警察署との折衝。
  • 警察署への許可申請代行。
  • 警察署の質物保管庫検査の立ち合い。
  • 営業開始後の従業者名簿、本人確認方法などの法令等に関するアドバイス。

質屋営業許可取得までの流れ

STEP1

電話・メールにてご相談

  ご相談は無料で承っております。漠然とした状態からご連絡頂いても結構です。まずは身構えず、お気軽にご相談下さい。。

STEP2

面談による打合せ

 お客様のご指定の場所にて打合せを行います。

STEP3

報酬のお見積り・ご提案

  お見積り・ご提案の後、依頼するかどうかをご決定下さい。※所有者から使用承諾書が貰えることを確認。

STEP4

警察署での質物保管庫の構造等について事前相談

 施工業者様にも同行してもらいます。

STEP5

警察署の施行中の質物保管庫の確認

 質物保管設備の建築途中に壁・床・天井の耐火構造、使用する材質等が事前の指示通りの仕様になっているか検査を受けます。施行業者にも同席していただきます。

STEP6

必要書類を取り揃え、申請書作成

 ※質物保管設備の設計図、断面図・ドア・警報システム・耐火ボード等の説明書など施行業者から収集する

STEP7

申請書類への署名捺印

 作成した必要書類に署名捺印をして頂きます。

STEP86

許可申請書類提出

 所轄警察署、生活安全課に当職が出向きますので、ご依頼者様の同行は必要ありません。 ※申請手数料として25,000円を収める。 許可が降りる迄には、おおよそ50日かかります。

STEP9

警察署の質物保管庫の立ち合い検査

 質物保管設備が完成したら、防湿構造・防鼠構造・警報システム等検査します依頼者様にも同席していただきます。

STEP87

許可証交付

 許可証などを、お客様ご同行のうえ受取りに行きます。

質物保管設備の基準

 質屋営業を行うためには、質物の保管設備が必要となります。

規模及び構造

  質物保管設備の大きさ及び構造は,その営業の内容に応じて適正なものでなければならない。

営業所との距離の制限

質物保管設備は,営業所と同一の敷地内に設けなければならない。ただし,やむを得ない場合は,近接する他の敷地内に設けることができる。

防火設備

 建築基準法に定める耐火構造

  1. ・土蔵造
  2. ・公安委員会がこれらと同等以上の耐火性能を有すると認めたもの
  3. 質物保管設備の開口部には、甲種防火戸又は乙種防火戸を設けなければならない。

盗難予防設備

  質物保管設備の開口部には、鉄製扉等盗難防止に有効な設備及び堅ろうな施錠設備を設けなければならない。

防湿構造

 質物保管設備の内部は,壁及び床を板張構造とするなどの防湿上の措置を講じなければならない。

防鼠設備

 質物保管設備の出入口以外の開口部には、ねずみの侵入を防止するための設備を設けなければならない。

質物保管設備

  • 質物保管設備構造概要書
  • 質物保管庫立面図
  • 質物保管庫壁断面図
  • 質物保管庫扉構造図

 勝山兼年行政書士事務所 では、質物保管庫 をレーザー距離測定器を用いて実際に測量し、cadソフトにて正確で解りやすい図面を作成させて頂きます。

質屋営業許可必要書類
【個人の場合】 【法人の場合】
  1. 質屋許可申請書
  2. 質物保管設備の構造概要書
  3. 質物保管庫に使用された設備の仕様書
  4. 建築確認通知書
  5. 検査済書
  6. 賃貸物件:賃貸借契約書
  7. ・自己所有:建物登記事項証明書
  8. 使用承諾書
  9. 営業所の平面図
  10. 営業所の周辺略図
  11. 履歴書
  12. 住民票の写し
  13. 登記されていない証明書
  14. 身分証明書

※9~12は申請者及び管理者(管理者を置く場合)

  1. 質屋許可申請書
  2. 質物保管設備の構造概要書
  3. 質物保管庫に使用された設備の仕様書
  4. 建築確認通知書
  5. 検査済書
  6. ・賃貸物件:賃貸借契約書
  7. ・自己所有:建物登記事項証明書
  8. 使用承諾書
  9. 営業所の平面図
  10. 営業所の周辺略図
  11. 履歴書
  12. 住民票の写し
  13. 登記されていない証明書
  14. 身分証明書
  15. 定款
  16. 商業登記簿謄本

※9~12は役員全員及び管理者(管理者を置く場合)の分

【質物保管設備添付書類】
  • 建物設計図
  • 壁・床・天井の断面図
  • 耐火ボードの仕様書及び国土交通省の認定証
  • ドアの構造書・各部の仕様書
  • 警報システムの仕様書・配置図
  • 吸排気部の構造書

※許可申請は、営業所ごとに申請しなければなりません。

  • 質屋になろうとする者が自ら管理しないで営業所を設けるときは、その営業所の管理者を定めなければなりません。
  • 申請者が未成年者の場合には、法定代理人に関する書類も必要となります。
  • 同一公安委員会から質屋又は古物商若しくは市場主の許可を受けている営業者の方が許可申請をする場合には、申請に必要な添付書類のうち省略できる書類があります。

質屋営業許可欠格要件

◎以下の要件に該当する場合は、質屋営業の許可がうけられません。

  1. 禁錮以上の刑に処せられその執行を終わり、又は執行を受けることのなくなった後、3年を経過しない者
  2. 許可の申請前3年以内に、無許可質屋営業の違反をして罰金の刑に処せられた者又は他の法令に違反して罰金の刑に処せられその情状が質屋として不適当な者
  3. 住居の定まらない者等
  4. 質屋営業の許可を取り消されてから3年を経過しない者
  5. 成年被後見人又は破産者で復権を得ないもの
  6. 法定代理人が前記1から4までに掲げる事項に該当するとき
  7. 同居の親族のうちに前記4に該当する者又は営業の停止を受けている者のある者
  8. 管理者が前記1から6までに掲げる事項に該当するとき
  9. 法人で業務を行う役員が前記1から6までに掲げる事項に該当するとき
  10. 基準に適合する質物の保管設備を有しない者

申請法定費用・報酬(税別)

所轄警察署に支払う手数料(実費) 25,000円
当事務所報酬 (書類作成及び申請手続き料) 個人 250,000円~
法人 260,000円~
※ 上記の他に証明書等の取得費用をご負担いただきます。

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

酒類販売業免許申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ