風俗営業許可における禁止事項

  • 客引き行為。
  • 客引きをするために道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
  • 営業所で18歳未満の者に、客の接待をさせ又は客の相手となってダンスをさせること。
  • 営業所で午後10時から翌日の日の出時までの時間において18歳未満の者を客に接する業務に従事させること。
  • 18歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること。
  • 20歳未満の者に酒類又はたばこを提供すること。

雀荘(麻雀店)、ゲームセンターの営業における禁止行為

  • 遊技の結果に応じて、商品を提供すること。
  • メダル類を営業所外に持ち出させること。
  • メダル類の保管証明書を客に発行すること。

ゲームセンターへの年少者の立ち入り時間制限

大阪府条例

  • 16歳未満の者を午後7時以降、客として営業所に立ち入らせてはならない。

風営法

  • 18歳未満の者を午後10時以降、客として営業所に立ち入らせてはならない。

風俗営業許可の取消し

次の違反行為をした場合、「営業許可の取消し処分」が下されます。
  • 偽りその他不正の手段により許可を受けたとき。
  • 正当な事由がないのに、許可を受けてから6ヶ月以内に営業を開始せず、又は引き続き6ヶ月以上営業を休止し、現に営業を営んでいないとき。
  • 営業者が3ヶ月以上所在不明であるとき。
  • あらかじめ公安委員会の承認を受けないで、営業所の客室面積等を変更したとき。
  • 名義貸し禁止違反。
  • 営業停止命令違反。
  • 18歳未満の者に接待行為をさせたとき。

風俗営業許可営業停止

次の違反行為をした場合、「営業停止処分」が下されます。
  • 客引き行為(40日以上6ヶ月以下)
  • 客引きをするために、立ちふさがり、付きまとう行為(40日以上6ヶ月以下)
  • 営業時間制限違反(20日以上6ヶ月以下)
  • 従業者名簿の備え付け義務違反(10日以上80日以下)
  • 従業者名簿の記載不備(10日以上80日以下)
  • 従業者名簿の虚偽記載(10日以上80日以下)
  • 18歳未満の者を客としたとき(40日以上6ヶ月以下)
  • 20歳未満の者に対する酒類・たばこ提供禁止違反(40日以上6ヶ月以下)

風俗営業許可罰則一覧

違反行為 罰則
風俗営業の無許可営業 2年以下の懲役 若しくは200万円以下の罰金
偽りその他不正の手段による許可の取得 2年以下の懲役 若しくは200万円以下の罰金
名義貸し禁止違反 2年以下の懲役 若しくは200万円以下の罰金
営業停止命令違反 2年以下の懲役 若しくは200万円以下の罰金
あらかじめ公安委員会の承認を受けないで 営業所の客室面積等を変更したとき 1年以下の懲役 若しくは100万円以下の罰金
許可証の掲示義務違反 30万円以下の罰金
従業者名簿の備え付け義務違反 100万円以下の罰金
従業者名簿の記載不備
従業者名簿の虚偽記載
100万円以下の罰金
客引き行為 6ヶ月以下の懲役 若しくは100万円以下の罰金
客引きをするために、立ちふさがり、付きまとう行為 6ヶ月以下の懲役 若しくは100万円以下の罰金
18歳未満の者に接待行為をさせること
18歳未満の者を客とすること
1年以下の懲役 若しくは100万円以下の罰金
20歳未満の者に対する酒類・たばこ提供禁止違反 1年以下の懲役 若しくは100万円以下の罰金
性風俗関連特殊営業の無届営業 6ヶ月以下の懲役 若しくは100万円以下の罰金
店舗型性風俗特殊営業の禁止区域等営業 2年以下の懲役 若しくは200万円以下の罰金

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

風俗営業許可申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ