風俗営業許可届出の種類一覧

分類名称 根拠条文 具体例 キーワード
風俗営業許可 2条1項 1号 バー
クラブ
ラウンジキャバレー
ショーパブ
接待、飲食、5ルクス以上
2号 バー 飲食、低照度(5~10ルクス)
3号 個室喫茶 5㎡以下、10ルクス以上
4号 麻雀
パチンコ
10ルクス以上
5号 ゲームセンター 10ルクス以上
深夜酒類提供飲食店営業届出 2条13項4号 スナック
バー
居酒屋
0時以降営業可、ラウンジ営業と設備要件同
店舗型性風俗特殊営業届出 2条6項1号 ソープランド 大阪府下では新規営業不可
店舗型性風俗特殊営業届出 2条6項2号 店舗型ファッションヘルス
店舗型性風俗特殊営業届出 2条6項3号 個室ビデオ
ストリップ劇場
店舗型性風俗特殊営業届出 2条6項4号 ラブホテル
レンタルルーム
店舗型性風俗特殊営業届出 2条6項5号 アダルトショップ
店舗型性風俗特殊営業届出 2条6項6号 特に無
無店舗型性風俗特殊営業届出 2条7項1号 デリバリーヘルス
派遣型ファッションヘルス
受付所無しのみ
無店舗型性風俗特殊営業届出 2条7項2号 アダルトグッズ
DVD等の通信販売
映像送信型性風俗特殊営業届出 2条8項 アダルトサイト
店舗型電話異性紹介営業 2条9項 テレフォンクラブ 大阪府下では新規営業不可
無店舗型電話異性紹介営業届出 2条10項 ツーショットダイヤル

風俗営業許可の種類別営業の内容

 
2条1項
【1号営業】キャバレー、料理店・社交飲食店等

キャバレー、待合、料理店、カフェー、クラブ、ラウンジ、キャバクラその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業(前号に該当する営業を除く)。客にダンスをさせ、かつ、客の接待をして客に飲食をさせる営業。

【2号営業】低照度飲食店

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計つた客席における照度を十ルクス以下として営むもの(第一号から第三号までに掲げる営業として営むものを除く)。

【3号営業】区画飲食店

喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが五平方メートル以下である客席を設けて営むもの。

【4号営業】パチンコ店・麻雀店

麻雀屋、パチンコ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業。

【5号営業】ゲームセンター等

スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるものを備える店舗、その他これに類する区画された施設において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く)。

例:ラウンジ(1号営業)許可申請をする場合

  ラウンジを営業する場合は次の2種類の許可が必要です。

  • ●飲食店営業(一般食堂)・・・保健所
  • ●接待飲食等営業(風俗営業1号営業)・・・公安委員会
  1. 申請者、管理者が人的不許可要件に該当しないこと
  2. 開業予定地が場所的要件の営業可能地域であること
  3. スナック(2号営業)の構造的要件を満たしていること
設備の要件
  1. 客室が2室以上ある場合、その床面積が和室1室につき9.5㎡以上,洋室1室につき16.5㎡以上必要。1室のみの場合は、特に床面積の制限はありません。
  2. 営業所の外部から客室が見えないこと。(透明ガラスのドアや窓はガラスに目隠しをしないと不可)
  3. 客室内に見透しを妨げる設備がないこと。(高さが1m以上のつい立てなどがあると不可)
  4. 営業所内の照度が5ルクスを超えること。(照度を自動調節、特に5ルスク以下にできるスイッチは、設置不可)
  5. 客がダンスをする踊り場がないこと。(カラオケ用のステージは可)
  6. 各営業に共通の要件である①~③の要件を満たしていること

接待行為に該当する行為

接待に当たるもの
  • 料理店で芸者が接待する場合
  • 旅館・ホテル等でバンケットクラブのホステスが接待する場合
  • 営業者との明示又は黙示の契約・了解のもとに客を装った者が接待する場合
  • 特定少数の客の近くで、継続して、談笑の相手となったり、酒等の飲食物を提供したりする行為
  • 特定少数の客に対して、客室又は個室で、歌舞音曲、ダンス、ショー等を見せ、又は聞かせる行為
  • 営業者または、雇用されている者がダンスやショーを見せ、聞かせる行為
  • 特定少数の客の近くで、その客に対し歌うことをすすめたり、その客の歌に手拍子をとり、拍手をし、ほめはやす行為
  • 客と一緒に歌う行為
  • 客とともに、遊戯、ゲーム、競技等を行う行為
  • 客と身体を密着させたり、手を握る等客の身体に接触する行為
  • 客の口許まで飲食物を差出し、客に飲食させる行為
  • これらの行為を同性が行う場合も
接待に当たらない
  • お酌をしたり水割りを作るが速やかにその場を立ち去る行為
  • 客の後方で待機し、又はカウンター内で単に客の注文に応じて酒類等を提供するだけの行為
  • 社交儀礼上の挨拶を交わしたり、若干の世間話をしたりする程度の行為
  • ホテルのディナーショ-
  • 不特定多数の客に対し、同時に、踊り、ダンス、ショウ等を見せる行為(コンサートやミュージカルなど)
  • 不特定多数の客に対し、同時に歌若しくは楽器の演奏を聞かせる行為(コンサート・ミュージカルなど)
  • 客の近くに位置せず、不特定の客に対し歌うことをすすめ、又は不特定の客の歌に対し拍手をし、若しくはほめはやす行為
  • 不特定の客からカラオケの準備の依頼を受ける行為
  • 歌の伴奏のため楽器を演奏する行為
  • 客一人で又は客同士で、遊戯、ゲーム、競技等を行わせる行為
  • 社交儀礼上の握手、酔客の介抱のため必要な限度で接触する等の行為
  • 単に飲食物を運搬し、又は食器を片付ける行為、客の荷物、コート等を預かる行為

06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

風俗営業許可申請をお考えの方無料でご質問にお答えします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ